スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アカシャ光の叡智 覚え書き

2009.09.04(13:13)
『アカシャ光の叡智』ゲリー・ボーネル著
■錬金術のプロセス
熱にさらされ、不純物が明確になり、
浄化の必要な部分が痛いほど表面化する。

■恥
恥は、カー・ボディーにとっての毒。
活力と潜在力を奪う、有毒物質。
あなたの恥ずかしさを、『今』の中に解き放つのです。
自分自身を、世界を照らす光として表現すれば、解き放つことが可能になります。

     私のハートとマインドの奥深くを捜索し、
     恥が潜む暗闇を見つけ出し、
     それを取り除くのだ。

■環境はあなたを創らない。
それはあなたの内側を見せてくれるだけ。

■ヒーリング
悪い状態のものに対して『良くなるように』という思いではなく、
『良い状態だったときのことを思い出す』という感覚で行う。

■真実
『愛されることと引き替え(交換条件)の“正しさ”』ではなく、
『期待されている正しさ』でもなく、
本当の『真実』を、しっかりと感じること。
それは、頭とハートの統合を促す正しさ。純粋な意図。
本当に正しい行動を通じて『今』表現される純粋な意図。
善悪の固定観念を、全て手放し、
自分が今、本当に欲しがっているものを求めることです。

■『正しいこと』と『愛されること』
私たちは、正しいことをすることと、愛されることを混同しているんです。
その主な理由は、正しいことをすると抱きしめられるからです。
自分自身のハートの声だけを聴くことです。
もしも私たちがいつも正しくあろうとしているとしたら、
そのときの私たちは『愛されたい』と思っているのです。
そして、『愛されたい』と思うのは、『愛されていると感じていない』からなのです。
そして、愛されていると感じていないなら、
そのときの私たちは、愛に満ちた場所にはいないはずなんです。
自分が差し出したものを、私たちは受け取るわけですからね。

■『今』という贈り物を充分に楽しむ
『今』という贈り物を充分に楽しむためには、
『過去の傷ついた未解決のフィーリング』と『未来への不安』という包み紙を、
取り払わなくてはなりません。
自分が欲しがっているものを、
それはすでに自分のものであると知りながら、求めるのです。
スポンサーサイト

『二心(ふたごころ)』を無くす!!!

2009.09.03(13:30)

自分に責任を取る。
失敗から、しっかりと学ぶ。
自分の足で歩く。
今、自分ができないことに理由付けをしない。

本当の誠実さとは、何か。。。
今、生きている、ということに、どれだけ感謝できるか。


今、変化のまっただ中にいると感じている。
心からのアファメーションをしてきた結果、引き寄せられているもの。
一見すると‥ 良くないこと。
周りの友人達にも、ずいぶんと、
『心配』という言葉では言い表せないほどのものををかけてしまった。

前にも書いたけれど、今が正念場。

ゲーリー・ボーネルさんの『アカシャ光の叡智』を読んで、
今の私が一番に感じることが、『二心(ふたごころ)』だ。

体裁を整える、とか、人に好かれる、とか、
そんな『他』へと向かう自分の心の方向性は、
結局は‥ 鏡の法則。
自分自身にも、そうしているのだ!! と、やっと気付くことができた。
自分の中の『誤魔化し』が自覚できるようになった。

  私は、こんなふうに嘘をついていたんだ‥
  私は、こんなふうに誤魔化していたんだ‥
  私は、こんなふうにして、その場で好かれる自分を演じていたんだ‥
  私は、こんなふうにして、自分の望む結果を得るために、
      無意識に他人をコントロールしていたんだ‥

自分の弱さや無知を交換条件にして、
下手に出るやり方で、コントロールの触手を伸ばしていたなんて・・・!!!
『愛されたい』から、
『愛されるがための正しさ』で自分をガンジガラメにしていたなんて・・・!!!
その人が好きだからこそ、期待に応えようとして、
『期待に応えること』に気が行き、『正解探し』をしていた部分が多々あった。
もちろん、全てがそうであったわけではないことは、断言できるけれど。
そしてそれは、結局、取り繕うことに繋がるから、それが剥がされるのを恐れる。
剥がされたが最後、受け容れられるわけはないという間違った信念の元に、
『恥』と『極度の孤独』が私を鷲掴みにする。

顕在意識では、一生懸命に『正しく努力』しているのだけれど、
潜在意識は‥ 何が『真の正しさ』なのかを、ちゃんと解っているのだ。
そんな、交換条件の中での正しさなんて、真の正しさであるはずがない。
結局‥ 不安や恐怖は、自分自身で作り出していたに過ぎないのだ。

幼い頃に特に重要とされる『無条件の愛』を、
大人になってから獲得することの難しさを痛感する。
でも‥
幼いときに、本当にそういう環境で育つことのできた人間が、
果たしてどれだけいるだろうか‥?

真の意味で、自分を愛すること。 自分を赦すこと。
気付いたときが、始まり。

自分の心に正直であること。
自己主張ではなく、自己表現をすること。
『愛されることと引き替えの正しさ』ではなく、本当の真実を感じること。
他をコントロールしないこと。 したときには、少しでも早く気付けるようになること。
人にコントロールされない自分になること。
『神聖な私』になること。
以上のことができてないと感じたとき、理由を他に求めないこと。
自分を責めないこと。
ただ、感じること。観じること。

ドルフィンのスクール中は、意識して瞑想していたから、できていたことが、
スクールの1が終了する少し前から、現実の生活面で、
それはもう劇的な環境変化が訪れて、
ついつい、目先のことで気持ちが混乱して、
見えなくなっていた自分がいることに、今更だけど、気付かされた。

スピリチュアルな学びをして、
それを本当に活用できる自分になることをアファメーションした結果、
自分の中の『基本』の立て直しを迫られたのだと思う。
『このまま進んでも、砂上の楼閣ですよ』と。

感じるのは‥
『楼閣』自体は、本物。
決して『砂の城』ではない。
ただ、土台が、砂だっただけ。

叡智の楼閣を築くための、叱咤。
叱咤されるほどのことがないと気付けなかったほどの、もろい砂だっただけ。

もろい砂を、全て掃除して、
今から、真の土台を築いてゆくのだ。

   私が、今、知っている、全ての光の存在に‥
   今、ここに、サポートをお願いします。
   そうなります。
| ホームへ |
プロフィール

*ミュゼ*

Author:*ミュゼ*
 レイキに出会ってから、私の世界が変わりました。これからの精神世界の旅を綴っていきたいと思います。
 この画像は
フランシン・ハート さんのオラクルカードです。
  ■管理ページ■

カテゴリー
リンク
参加しているコミュニティー

にほんブログ村 トラコミュ 精神世界 スピリチュアルへ
スピリチュアル
にほんブログ村 トラコミュ 魔法、神秘、神秘思想、カバラ、密教、秘儀へ
神秘思想、カバラ
にほんブログ村 トラコミュ タロットカードにまつわるおはなしへ
タロットにまつわる話
にほんブログ村 トラコミュ タロット占いへ
タロット占い

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BBS

各記事に関係しない事のみ、
こちらをお使いくださいネ♪
宣伝広告等は削除いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。