スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ある計画。

2008.07.22(00:19)
実は‥
あることを始めようと、6月頃から決心をしていた。
それは、私にとって昔々からの漠然とした願いでもあったわけだけれど、
去年の今頃は、まだ、『そんなこと、実際には私には無理』と、
はなから自分で決めていたことを、つくづくと思い出した。
自分で自らを限定し、閉ざしていたのだ。

実際に始めるよりも、『私には無理』と閉ざしていた方が安全だから。
自分の中の可能性を認識する事で、それに伴ういろんな『覚悟』が怖いから。

でも、レイキを受けてから本当にいろんなことが変化して、
さらに、5月にヒプノ・セラピーを受けてから、
自分で自分の中にある『光』に気付くようになった。

『まさか私が‥』が『半信半疑』に変わり、
そして今は『私にもきっとできる』という勇気に変わっていった。

で、7月に入ってから、具体的に計画を練り始めたのだけれど、
でも‥
事を具体的にしようとすればするほど、
いろんな『実際』とか『現実』が、立ちはだかっている。
で、つい‥ 不安になったりするわけで‥ (^^;;;

で、タロットを引いた。
2008-07-20ディスク-プリンス
アテュの『月』は、不安感や戸惑いだ。
さらには、越えるべき壁、立ちはだかる門番を前にして、
立ちすくんで身構えるようでもある。
でも、近未来として『星』のカードが出て、希望や援助を表わし、
さらには、その影響としてディスクの6『成功』が。
結果としてアテュの宇宙。
『シャンバラ』でもあり、サナトクマラとの交信も暗示するカードだ。
そして、キーカードとしてディスクの3『仕事』だ。
事業の芽生えとか、計画の具体化を表わすカード。

出たスモールカードは2枚ともディスク(エレメントは地)で、
しかも、3枚出たアテュの属性は、全て『地』に属するカードだ。
事業、計画、経済などは、全て『地』の分野。

不安に負けるな!!! と、カードが言っている。
立ちはだかる様々な事にひるむな!! とも言っている。

で、時期を見たいと追加のカードを引くと、
これまた、ディスクのプリンス。『帝国を建設する者』
『集中力と持続力・ゆっくり進む』というカード。

ん。
『不安のあまり、立ち止まる』なんて事はなくなった私だけれど、
不安だからこそ『焦りで、過小評価の大安売り』ということにしてしまいがちだ。

ゆっくり、着実に。
計画を、じっくりと粘り強く慎重に。
そして、自己を過小評価しないこと。
目先のことでジタバタしないこと。
ちゃんと一呼吸置いて、ハイヤーセルフさんと繋がる事。

ん。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)
頑張れ!! 私。 p(^^)q
スポンサーサイト

あらためて‥シュタイナー

2008.07.14(01:06)
日記の更新がなかなかできなかったこの一ヶ月に、
いろんなことがあった。

シュタイナーの数多くの本を翻訳されている、高橋巌先生の講演会に出席できた事が、まずは私にとって大きかったことの一つだ。
テキストは『神智学』

昔々‥ もう10年以上前に読んだ事のある本の数々。
神智学・人智学・いかにして~・泉の不思議・悪の秘儀
心引かれて読みはしたものの、知識のレベルではよく解らずじまいだった。
でも、意識化ではずーっと求めていたのだろうと思う。
で、
レイキを受けてから、私の身体、魂、霊、これらの波動が変わって、
神秘体験を伴って『見えないものの実感』を味わうと、
神、光、霊性などというものが『信じる』というレベルを越えて、
『在るもの』としての実感が私に根付いて、
その上で『ベーシック・シュタイナー』の本と出逢ったのは、
確実にシンクロニシティーだった。

昔に読んだシュタイナーの言葉が、胸に落ちる形で私の中に入ってきた。
最初は西川隆範さんの訳が軟らかいせいかと思っていたのだけれど。
で、そうしていると、野口整体の活元会でご一緒している方から、
シュタイナーの講演会のチラシをいただいたのだ。
講師は、高橋巌さん。
私は万難を排して、即、参加を決めたのだ。

で、講演会の場所に早めに着いて、
隣接する図書館で、他の本を読む事にしたのだけれど、
ここでも、今では絶版になっているタロットと瞑想が一緒になった本を見つけたのだ。
タロットに関する本は、それこそ、星の数ほどあるけれど、
良書は‥ 逆に、数少ない。
早速、メモをして、ネットで調べると絶版で、
古書としてわずかに残っているだけだった。
早速、定価よりもかなり高い値段ではあるけれど、注文をして、
そして会場に向かった。

高橋巌さん‥
どんな人なんだろう‥

実際にお目にかかると、背が高くて、
どっしりとして深い洞察力を感じる瞳。
一つ一つの言霊のこもる言葉を注意深く選びながら、ゆっくりとお話をされる低めの声。

シュタイナーの目線での解説を交えながら、
「ここを少し読んでみます」と仰って、
ゆっくりとはっきりと、通る声で読んで下さるのだ。

絵本の読み聞かせは、大人にも有効。
自分で読むのとは大きな違いがあるのは体験済み。
で‥ シュタイナー。
先生が翻訳されたものを、先生の声で読んで下さるから、
黙読していた言葉に血が通い、魂がこもってオーラをまとって、
私の心に光の糸がスーッと伸びるように入ってくるのに感動した。

先生は、現代に生きる白き魔法使い。
そう思った。

あの場には、確実に、シュタイナーご自身もいた。
高橋巌先生が、仲介者だ。

結局、スピリチュアルなことに関しての『基調』だと思う。
文の一つ一つを脳で理解して知識に留めるならば、確かに難しい。
でも、そうではない理解の仕方があるのだ。
いわば‥ 『理解するシュタイナー』ではなく、
『感じるシュタイナー』だ。

あんなに難しく感じていたシュタイナーなのに。。。
なんだか、とっても身近に感じられて、
本を通しての、今は生身ではない人との『邂逅』という事の、
さらなる意味の深さを感じられたことが嬉しかった。
| ホームへ |
プロフィール

*ミュゼ*

Author:*ミュゼ*
 レイキに出会ってから、私の世界が変わりました。これからの精神世界の旅を綴っていきたいと思います。
 この画像は
フランシン・ハート さんのオラクルカードです。
  ■管理ページ■

カテゴリー
リンク
参加しているコミュニティー

にほんブログ村 トラコミュ 精神世界 スピリチュアルへ
スピリチュアル
にほんブログ村 トラコミュ 魔法、神秘、神秘思想、カバラ、密教、秘儀へ
神秘思想、カバラ
にほんブログ村 トラコミュ タロットカードにまつわるおはなしへ
タロットにまつわる話
にほんブログ村 トラコミュ タロット占いへ
タロット占い

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BBS

各記事に関係しない事のみ、
こちらをお使いくださいネ♪
宣伝広告等は削除いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。