スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

タロット・リーディング~客観的なアプローチへ‥

2008.10.09(21:24)
自分の心の中の細部を書き付けていることが多い私のブログだけれど、
一人ロール・プレイのようにリーディングをしてみることにした。

*---------------------------------------------------------------*
【質問】あることを成そうと長期的な視野で頑張っているけれど、今後は‥?
2008-10-09
一時的な一本道で頑なな情熱が下火になって、(A4:)
今、しばし立ち止まっています。(S4)
現実が見えてきたことで、不安感や憤りや苦しさが立ちはだかっています。(A18:)
厳しいアドバイスに対して煮え切らない気持ちが、停滞の一つの理由かもしれません。(Cp)
でも、感情に流されてはいけません。
あなた本来の女性性と受容の力で自分自身を包んであげましょう。(A3)
将来の不安の中には、経済的なものも大きな位置を占めているでしょう。(D5)
でもちゃんとお財布の紐を締めていれば大丈夫です。(D9)
女帝(A3)は豊穣。アバンダンティアでもあります。
心から信じてアバンダンティア・アバンダンス・レイと唱えましょう。
周囲の状況としては、パワーが漲っています。
あらゆる困難を乗り越えられるようにサポートされています。(W9)
そしてあなたの胸の内には、輝かしい太陽が照っています。(A19)
辛い時の感情は確かに厄介ですが、克服できます。
そして、新たな明確なビジョンがもたらされます。(S6)
感情に囚われたり縛られる事なく、解き放つのです。
あなたは『自由』なのです。

今後もいろんな不安や試練があるでしょう。(A18:)
けれど、全ての試練は、『実り』に繋がるギフトなのです。
未来のあなたを、アテュ3の女帝が、厳しさを含んだ温かい目で見守っています。
このことを決して忘れないでください。
同じ類の事が再び起こったら、このことを思い出してください。

*---------------------------------------------------------------*

ん。
なんだかハイヤーセルフさんが私自身に言ってくださっている感じ♪
しかも、自分を客観視した形で、しっかりとストーリーを組み立てるから、
きっと、私の弱点を鍛える訓練になるはずだ。

これからはこんなスタイルで書こうかな‥
まぁ、気分次第だけれど。。。(^^;;;

それにしても‥
『感情』って、ホント、厄介です。(^。^;)
スポンサーサイト

返事のような、 啓示のような‥

2008.09.15(13:19)
今朝のまどろみの中で、ある『想い』が急に形になった。
イメージで言えば‥
漠然と空に浮かんでいる雲が見る見るうちに龍となって顕現する?
そんな感じで。
で、意識が急に覚醒して、窓のカーテンを引くと、
東の空がかなり明るくなっていた。

『想い』といいうのは、簡単に言えば、『エゴからの開放』だ。
『ある計画』に関しての、魂の出発点にかかわること。
今までは無意識だったけれど、
自分がしたいことや自己実現というのは、ある意味、エゴだ。
自己から発信された欲望や願望。
でも、今朝、急に私の中に入ってきた『波動』は、
『役立てなさい』というものだった。
自分が『成したい』ではなく、
今の私に在るパワーを『他の為に役立てる』という道筋。
それを実際に現実化させるための社会的な行動としては、
両者は多分、似たものになるのだろうけれど、
出発点というか、立ち位置? が、違うのだ。

まどろみの中で得た『想い』だったから、半分、夢の様でもあり、
私は『天からの答え』が欲しくなった。
だから、朝の光を感じながら、グラウンディング、センタリングをして、
レイキで場を浄化して、タロットを手に取った。
そして、さらにタロットを浄化して、私は『光の管』になり、
『あなたの答えを、ここに示してください』とお願いしてカードを引いた。

天啓
火の力の根源としてのワンドのエース。活力。可能性。
そして、またまた引いたディスクのプリンス。
現実的な事に大いに力を発し、ゆっくりと着実に進む『大いなる業の成就』を示すカード。
そして、風の力の根源としてのソードのエース。
意思や情報、知識の結集。

両のエースが中央の『大地のプリンス』を護る形で現れた、
私にとって、まさしく『天啓』としての『答え』だった。

以前にも出た『大いなる業の成就』としてのディスクのプリンスは、
言葉の通り『大いなる業』なのであって、
そこに私個人の、ある意味『我侭なエゴ』であってはならないのだ。
ここのところが、ようやく、腑に落ちた。

一ヶ月ほど前に受けたアバンダンティア・アバンダンス・レイのアチューンメント。
それに伴って起きた、大きな意味での『ゆるし』に関する開放は、
私の意識を、今日のこの『天啓』へといざなってくれた。

さらに、11月には、
もっと深くなるであろう『ゆるし』のワークを控えている。
今朝のこの『流れ』も、このワークと相互に繋がっている。

私の中の『ある計画』は、まだまだ『蕾』だけれど、
決して早生にはしない。
かならず『天の采配』があり、
その微細(サトル)なエネルギーに常に気付く事ができるように、
『光の管』が滞らないように、
ん。
p(^^)qだ。

そういえば‥
今夜は満月。
『満ちるエネルギー』の波動をキャッチしながら過ごすことにしよう。

ある計画。

2008.07.22(00:19)
実は‥
あることを始めようと、6月頃から決心をしていた。
それは、私にとって昔々からの漠然とした願いでもあったわけだけれど、
去年の今頃は、まだ、『そんなこと、実際には私には無理』と、
はなから自分で決めていたことを、つくづくと思い出した。
自分で自らを限定し、閉ざしていたのだ。

実際に始めるよりも、『私には無理』と閉ざしていた方が安全だから。
自分の中の可能性を認識する事で、それに伴ういろんな『覚悟』が怖いから。

でも、レイキを受けてから本当にいろんなことが変化して、
さらに、5月にヒプノ・セラピーを受けてから、
自分で自分の中にある『光』に気付くようになった。

『まさか私が‥』が『半信半疑』に変わり、
そして今は『私にもきっとできる』という勇気に変わっていった。

で、7月に入ってから、具体的に計画を練り始めたのだけれど、
でも‥
事を具体的にしようとすればするほど、
いろんな『実際』とか『現実』が、立ちはだかっている。
で、つい‥ 不安になったりするわけで‥ (^^;;;

で、タロットを引いた。
2008-07-20ディスク-プリンス
アテュの『月』は、不安感や戸惑いだ。
さらには、越えるべき壁、立ちはだかる門番を前にして、
立ちすくんで身構えるようでもある。
でも、近未来として『星』のカードが出て、希望や援助を表わし、
さらには、その影響としてディスクの6『成功』が。
結果としてアテュの宇宙。
『シャンバラ』でもあり、サナトクマラとの交信も暗示するカードだ。
そして、キーカードとしてディスクの3『仕事』だ。
事業の芽生えとか、計画の具体化を表わすカード。

出たスモールカードは2枚ともディスク(エレメントは地)で、
しかも、3枚出たアテュの属性は、全て『地』に属するカードだ。
事業、計画、経済などは、全て『地』の分野。

不安に負けるな!!! と、カードが言っている。
立ちはだかる様々な事にひるむな!! とも言っている。

で、時期を見たいと追加のカードを引くと、
これまた、ディスクのプリンス。『帝国を建設する者』
『集中力と持続力・ゆっくり進む』というカード。

ん。
『不安のあまり、立ち止まる』なんて事はなくなった私だけれど、
不安だからこそ『焦りで、過小評価の大安売り』ということにしてしまいがちだ。

ゆっくり、着実に。
計画を、じっくりと粘り強く慎重に。
そして、自己を過小評価しないこと。
目先のことでジタバタしないこと。
ちゃんと一呼吸置いて、ハイヤーセルフさんと繋がる事。

ん。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)
頑張れ!! 私。 p(^^)q

『自立』~そして自ら歩む、ということ。

2008.06.11(14:32)
このところ、次々にやってくる『人間関係』の修行。
昨日は公開するものとして薄めることができずに、
ただただ、個人的な記録として日記を書いたわけだけれど、
そのことについて、タロットを引いてみた。
出たのは、アテュの14、ソードの2、アテュの5だ。
A-14 S-02 A-05
二枚目に、このところ引き続けているソードの2。
え‥ また‥??
そんなふうにまず思って、そして1枚目のカードを見ていたら、
つい最近に知ったばかりの『二河白道(にがびゃくどう)』の概念が、
私の中に一瞬にすーっと、ぴったりと重なった。

 ・二河白道

火の河は、怒り、憎しみ。 水の河は、欲、こだわり、貪り。
そして、白く細い細い道は、求道心。
このカードの虹の部分に書かれているのは、
地球の内部を訪れよ。
その意志の導きによって、汝は隠された石を見出すであろう。
地球の中で結晶化されたものを見出すという錬金術の言葉は、
すなわち、自己の内部の探求を、意思の導きによって正しく歩めば、
求めるものが得られる、という事だ。
それは‥ ワンネス。
意思の導きは、ハイヤーセルフ。すなわち、高次の私自身。

そして、この白い求道の道を、
あるいは、カードが示す錬金術の過程、道程を、
そして、自己の内部の探求をクローズアップしたものが、
ソードの2だ。
連続して私に出続けているこのカード。
命題は『愛によって抑制された知性』だ。
きっとこの二本の剣は、火の河と水の河。
火や水を別々のものとしてそれぞれ怖がっていても、
あるいは、依存しても、
微妙なバランスでやっと見出すことのできる『平和』の道を探ることはできないのだろう。
統合する、あるいは、いっきに乗り越え超越するくらいの覚悟がいるのだ。
火を見ては水に逃げ、水に濡れては火に逃げ‥
そんなことをしていては、道は歩めない。

そして‥
これらの『二河』は、紛れもない、自分自身が創り出しているのだ。

そうしてようやく辿り着けるのは、カードの5『秘儀の祭司』
秘儀とは‥ ワンネス。
ミクロコスモス(人間)とマクロコスモス(宇宙)の合一。
神聖なる智慧。
緋色の女が示す、セクシャルな部分や身体をも含めての『合一』

こんなふうに書けば、いかにもスビリチュアルーって感じだけれど、
人間関係において、真の意味での自立、
そしてさらに『自分で歩む』ということへの脱皮は、
怒りや諦め、または依存や怠惰、まっいいか、という気持ちを、
自分の中でどう位置づけるか、ということで、学びとしての質が変わる。

どちらかに白黒付けて決めないと不安な私。
二者択一で単純化してしまう私。

あるときは「だって、熱いんだもん」
そしてあるときは「だって、ビショビショなんだもん」と、
火の河と水の河との間を行ったり来たりしていては、
道は開かれないのだ。

逃げたりする道は、もうない。
そんなことから脱出して、ブラックホールを閉じた今、
もう、後には戻れない。
火と水の融合するわずかな一点を見つけてはつなぎ、
点と点を線にしながら、進むしかないのだ。

他からの叱咤激励が厳しすぎるからと、すぐにめげたり座り込む自分を封印。
だからといって、他からの『力』を容易に取り込める自信もまだない私は、
その言わんとするところを自分の中に取り込んで、
自分で自分を叱咤激励しなければ。
他からの『力』ではなく、自らの『力』で。
自らを甘やかさない、という意志で。

3枚のカードが3枚とも、私に『学べ』と言っている。
p(‥)qガンバ!!だ

『調和した変化』へ。

2008.06.03(17:11)
今日のマヤン・カレンダーは‥
キン58:エツナブ
今日は、物事が思いがけない方向に展開。
どこかしら心もとなさも生じるけれど、
思い切って予定外の事柄に合わせてみよう。
不安の中でこそ、バランス感覚が鍛えられる。

実は‥ 野口整体に行くことに。
前々から興味はあったものの、なかなか一歩が出なかったのだけれど、
ある本に出逢って。
で、その本と、鞍馬の尊天さまの前で包まれた深い癒しとが、
不思議だけれど、私の中で融合したのだ。
鞍馬でのあの体験は、長いこと言葉にすることが出来なかったけれど、
この本を読んで、たちまち私の中で言語化されたのだ。

セクシャルな意味も含めた、自分の身体。
魂が宿る器。

で、自分の身体をもっと大切にしなければ!! という想いが胸に落ちた。
本の題名は、少し? な感じではあるけれど、
本屋さんに並んでいたその本が私を読んでいる気がした。
で、目次を見て、すぐに引き込まれてしまった。
 『性に秘められた超スピリチュアルパワー―幾千年のマインドコントロールを超えて』
   著者:夏目 祭子

幼い頃からの、ある意味歪められた組織としての日本のカトリックで、
私はここでも『罪悪感』という種を蒔かれていたのだった。
このことは、過去にも(3ヵ月半前)日記に書いているけれど、
さらに一歩、進んだ形で、私の中に変化が起こってきていた。
 過去日記:私の中の『天使』や『悪魔』の洗い直し

なので、野口整体に前から誘われていた友人とともに行くのだけれど、
いつものように、タロットを引いてみた。

出たのは、ワンドの10『圧迫』と、
ここでもディスクの2『Change』『変化』だ。
ワンド 10 デイスク 2
『圧迫』は、まさしく!!! マインドコントロールだ。
そして、ディスクの2は『陰陽』でもある。
意味としては、『調和した変化。交替。逆転。収支がつりあう。』など。

今までのような『脱出』でも『逃避』でもなく、『調和した変化』だ。
2のディスクの周りに8の字の形でとぐろを巻いて、
あたかも『調和した変化』を起こしているかのように見える蛇は、
きっと、クンダリーニ。
セクシャルな意味も含めた、意識の変化・変容、そして調和。

ずーっと継続してやってきている新月のアファメーションが、
次々と現実化している。
私を導いてくださっている天に‥ 感謝だ。
『全ての事に意味がある』って、真実だと、心から思う。
そして、全ての事に‥ ホ・オポノポノの心で。。。 m(_ _)m

カードからの“激励”♪

2008.05.02(00:02)
タロットの声が聞きたくて、カードに触れた。
展開されたのは、この3枚。
ワンドの6 ソードの2 アテュの19:太陽

ワンドの5は、障害を克服したり、不和を克服した後の『成功・美・愛・』の獲得を表わすカード。
ソードの2は、トラブルや犠牲から『強さ・平和』が誕生する事や、
『静観』とか『相反するものの統一』を表わすカード。
そしてアテュの太陽。
自由や解放、率直さ、繁栄、成功、大勝利‥
そんなことを表わすカードだ。
見ようによっては‥
ソードの2本の剣(相反するものの統一)が、それぞれの良さを統一して、
光り輝く中に自由に解放されているように感じる。
しかも、太陽の元の二人の子どもは、しっかりと地に足を付けているのだ。

先のことを白黒付けないと、不安ばかりで先に進めない傾向のある私には、
『どちらも有り』という緩やかな余裕が課題だ。
この課題を克服して『勝利』し、自信を持って『統一』し、
そして、太陽の元、しっかりとグラウンディングして、解放するのだ。

カードがしっかりと、激励とギフトで私を応援してくれているのを感じて‥
嬉しくて‥ 涙した。
ホ・オポノポノ(Ho'oponopono)

あなたの人生への完全な責任とは、
あなたの人生の中の全てが――
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で―
―あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。

あなたがあなたの人生の中のどんなものでも改善したいのなら、
見るべき場所はただひとつ、あなたの中である、ということだ。

『ごめんなさい』『愛しています』『許してください』『ありがとう』

昨夜の日記に引き続きだけれど‥ p(^^)qガンバ!! だ。(゜゜)(。。)

乗り越えた‥ かナ‥

2008.04.05(00:39)
大きな“壁”を、一つ、やっと乗り越えられた気が。
“逆風”が吹いたお陰で、今まで見えなかった“壁”の窪みや足場がはっきりと意識できて、
やっと‥ 越えられたと思う。

でも、まだまだ“火の粉”が時折降りかかっていて、
つい先日には“大きな火の粉”が思いもかけない方向から飛んできて、
私はまた、しゃがみこみそうになったけれど、
でも、ちゃんと‥ 対処できた。

火の粉を振り払う事にさえ『罪悪感』を持っていた私には、文字通り『成長』だ。
達人なら‥ 振り払う事などせずに、火中に入る事もできるだろう。
でも、そんなことができるほどの達人でもないのに、
そうできない自分に罪悪感なんて‥
冷静に考えると‥ 滑稽なのに。

その『事件』があった直後に心の整理をして、
自分の成長を感じながら心を落ち着かせたけれど、
何らかの『天からの助言』が欲しくて、タロットを引いた。
スプレッドも考えないまま、数も思いつくまま、
とにかく、ピンと来たカードを裏向きのまま引いた。

3枚引いたところで落ち着いたので、一気に開けてみると‥
トートタロット・リーディング

ブラックホール!!!
アテュ:10の『運命の輪』だけれど、まず、そう思った。
振り返って立ち止まると、たちまち強大な引力で飲み込まれてしまうブラックホール。
ソードのプリンセスは勇敢にその引力と戦いながら脱出しているように見えた。
『罪悪感』や『無価値感』という“リモコン”でコントロールされていた私は、
文字通り‥ 『脱出』だ。
断じて立ち止まらない、不安に駆られて振り返ることをしない、不屈の闘志で。

向かう所は‥ ソードの2。
相反するものの統一。緊張感の残る平和。
トラブルや犠牲を経なければ生み出されない、強さとしての『平和』だ。

昔の私は、自分のことで引くと大抵、カップのカードが多かったのに、
ここのところ、ソードやワンドが多い。
次から次に『試練』が来る、ということは、
逆を言えば‥
『成長』の速度が増している、ということだ。
今までなら、すぐに潰れていたであろう『成長の元』を、
やっと、受け止められるようになった、という事で、
これも、天の采配なのだと思う。

ん。
負けない。
p(‥)qガンバ!!だ。

初めての『塔』のカード

2008.03.22(13:59)
久しぶりにタロットを引いてみた。
伝統的なスプレッドに拘らずに、聴きたい事を念じながら。
 ・今の私。
 ・当面、何から始めると良いのか。
 ・未来に待っていること
 ・未来の私への補助やパワー
そして開いてみたら‥
トートタロット・リーディング-2008-0321 ⇒初めての『塔』のカードの続きを読む

タロット・セラピー 息子編

2008.02.11(17:09)
息子の事を想って、タロットカードを引いてみた。
結果は、これ。
息子の事

ソードの8が表わす『精神集中のし過ぎから来る無気力』とは、まさしく!! 彼の事だ。
『粘り強さの欠如』とか『バカ正直』という意味も、その通りだ。
そして、アテュの『永劫』は、新月の翌朝に、彼が口にした『転機』だろう。
 ・過去ログ:嬉しい『変化』、大きな『節目』
変容。新しく生まれて芽生えたもの。転生。
『女帝』のカードは‥ 見守りとしての愛‥?
カードの視線は、ちゃんと未来(結果)の方を見ている。
そして結果のカードは『力・欲望』だ。
ライダー版で言うところの『剛勇』
『永劫』のスピリットを凝縮したものを杯に満たして、高々と掲げている。

私は、この女帝のように、しっかりと見守るのだ。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)

デイ・スプレッド

2008.01.26(03:54)
明日の一日、とか、大切な日の一日は‥?
ということで気に入っているスプレッドは、コレだ。
デイ・スプレッド
1.朝  2.昼  3.夜  4.その日の全体、あるいはキーカード

で、私の結果は‥

ん。朝は‥ 仕事に愛を持って進められそう。v(^^*)
で、昼間は‥ それこそワンドは『仕事』そのものだ。
しかも、迅速さのカード。
ん~ 忙しくなりそう‥?
そして夜は‥ ん~ ちょっと‥ アヤシイ (^^;;;
しかも、精神的な面が強いから‥ ますますアヤシイ ``r(^^;)ポリポリ
何かに捕らわれている。
休日前夜でもあるし‥ ん~ ( ¨ )

ま、キーとして宇宙のカードだから‥
きっと‥ 大丈夫。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)

ってか、へんな時間に寝てしまって、夜中に目が覚めて、
やっと今頃眠くなってきた‥ orz
すでに‥ デビルのカードの影響か。。。(~_~;)
バキッ!!☆/(x_x)

相々傘スプレッド (^-^;

2008.01.24(02:41)
あるスプレッドを考え付いた。名付けて、相々傘スプレッド (^^;;;
相々傘スプレッド
何と言うことはない。
普通の『スリーカード・スプレッド』に、カップルの二枚を加えただけなのだけれど。
で、『生命の樹』を応用して、右を男性、左を女性、にしたわけだけれど。
で、完全に横に並べてしまうと、まるで、十字架のようになってしまうし、
過去からの二人が現在に至り、未来に‥ というふうに流れた方がいいし、
ということで、この形になった。

1.二人の過去
2.男性側の気持ちや環境
3.女性側の気持ちや環境
4.二人の現在の状況
5.二人の未来の状況

2と3は、例えば同性愛の方や、性同一性障害の方は、
それぞれに一番ぴったりくるように、臨機応変に変えればいいと思っている。

けれど、コレを考えた出発点は、全く違う視点からだ。
それは‥
両親の離婚問題。

最初は、2と3を、父と母にしたのだ。
名前も『ペアレンツ・スプレッド』 (~_~;)

でも、これでは限定されてしまう。
応用が利かなくなる。
なので、普遍性を持たせて、意味を広げたら、
結果として、ヤントラ的な側面から『相々傘』に落ち着いたのだ。

で‥ 結果としては‥

さもありなん‥ という過去と二人の状況。(~_~;)
ワンドのクイーンを‥ どう読むかだ。
そして、乗り越えて‥
やっと‥ めでたく、離婚が‥ 成立するらしい。。。 (^。^;)

母は‥ 『自立』がテーマだ。
完全に離婚が成立すれば、少しは‥ 『依存していた自分』に気付くだろうか‥
もしもそうなら‥
今度こそ、私は母を、少しは支えることができるだろうか‥

ま、焦らず、経過を見守りながら‥ p(‥)qガンバ!!だ。

『生命の樹&チャクラ・スプレッド』草案

2008.01.15(13:21)
なんとか、自分にピッタリと来るスプレッドが生まれた。
私はもちろん、トートタロットを想定しているけれど、
ポピュラーなライダー版でも構わないのではないかと思う。
とりあえず、草案メモを。


生命の樹&チャクラ・スプレッド

1.過去の出来事、ルーツ、元型、あるいは過去世からのカルマ
2.過去からの影響、繰り返す思考や行動のパターンなど
3.現在の状況、プロセス
4.援助、共感、あるいはエンパワーメント
5.障害、対立、あるいは自己否定的な事、自己を守るためのペルソナ
6.理想、願望、あるいは怖れ
7.対人関係、表面的な性格や感情
8.物質的な事、仕事、経済
9.周囲の状況、家庭環境、
10.結果、あるいは理想や願望のためのヒント

1-2-3 の三角: 過去
2-3-4-5-6 の五角: 現在
4-5-7-8-9 の五角: 未来
7-8-10 の三角: 結果

≪気になるチャクラのラインにカードを追加≫
第1チャクラ(生命エネルギー)‥10
第2チャクラ(自己肯定感)‥9
第3チャクラ(意思、成功、職業)‥7-8
第4チャクラ(ハート、個人的な愛や感情)‥6
第5チャクラ(リーダーシップ、奉仕、態度)‥4-5
第6チャクラ(人生のビジョン、価値観、思考)‥2-3
第7チャクラ(魂、ハイヤーセルフ)‥1


実践して、少しずつ修正を。。。 p(^^)q

横倒しの『生命の樹』

2008.01.14(16:57)
小アルカナの各スートを生命の樹の形に配していたら、気付いた。
生命の樹は、縦長。
タロットカードも、縦長。
よって、縦長×縦長=超!!縦長。(^-^;

なので、左横に倒して配置してみると‥ なかなかOK♪

↓ワンド↓


↓カップ↓


↓ソード↓


↓ディスク↓


各図の薄く青い線は、生命の樹の『4つの世界』の範囲で、
それぞれのコートカードに対応させている。

ん。
なかなか‥ いいと思う。
これなら、テーブルにも配置しやすい。
よし。
これで進めていこう。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)

『ケルト十字』と『生命の樹』とのシンクロ

2008.01.14(15:47)
タロットの本をパラパラしていて、今日、大きな気付きを得た。
もちろん、私にとって、という意味においてだけれど。

実は、私はいままで、ケルト十字スプレッドを少々軽く見て‥
なぜかと言うと、展開法としては、あまりにもポピュラーで、
だからこそ、カードを置く順番も、その位置の意味づけや解釈も、
人によって、本によって、本当にバラバラで、
なんとなく‥ 信用がならない感じだったのだ。
で、私が好きなスプレッドは、やはり『生命の樹』に基づいたもの。
でも、『生命の樹スプレッド』あるいは『ライフツリー・スプレッド』は、
数が少ないし、参考にはなっても私の心には届かなくて、
満たされない想いがずーっと続いていた。

でも、今日、気付いたのだ。
『生命の樹』も『ケルト十字』も、展開するカードの数は、
どちらも『10枚』なのだ、という事に。

この気付きを得てから、あらためて『ケルト十字スプレッド』について調べてみた。
すると、本来は大きな十字架の形なのだが、
テーブルの上に並べるには長くなりすぎるので、
途中から上に曲げて、縦長に伸ばしているのだと言う事だ。

そして、何と‥
『タロット解釈実践辞典(著:井上教子)』を見ると‥
ちゃんと対応しているのだ!! 『生命の樹』に!!!
生命の樹とケルト十字との対応
もう‥ ビックリ!! (@_@;)

で‥
これはもう、自分なりの『生命の樹スプレッド』を創るしかない、と思い至った。
もちろん、自分なりに掘り下げて解釈する、という意味での“創る”だけれど。

で‥ さらに想う。
1月8日の新月の夜のアファメーションの一部が、早速、形になったのだと。
 ・過去ログ:新月に‥アファメーション:2008-01-09

一度、生命の樹の形に小アルカナを並べて、ヤントラ的に図象を眺めてみようと思う。
そうして、より深い気付きの元に、“私のスプレッド”を考察してみようと思った。

今年の私

2008.01.08(00:07)
年末に、レイキのサードを受けてから‥
腰は痛むし、風邪でお腹は壊すし、首が少し筋違いを。
・・・
最初は気付かなかったけれど‥
好転反応だ。
光に押されて、今までのいろんなマイナスのものが表面に現れて、
少しずつ、出て行こうとしているのだと理解した。

ファーストの時には、生まれてはじめての量のオナラが出続けた。
ホントに笑ってしまうくらい。。。
そして、今回も、腸と腰。
第1チャクラが司っている部分だ。
そして、首は‥ 第5チャクラ。
気にはならないけれど、少し感じる動機は‥ 第4チャクラ。

腰が痛んで動けない間、何もすることが無い私は、内観した。
結局‥
腰の痛みによって、内観へと導かれたのだ。
そして読み終えた『7つのチャクラ』は、私にとって‥
言うなれば‥ 魂の洗礼だった。

そしてタロットを引く。
出てくるカードは、殆どがアテュだった。
隠者。吊され人。術。調整。恋人。カップの6。

かなり‥ 精神的なレベルで‥ きている。
迷い、内観を迫られ、
思うところとは違う身動きのできないところで導かれて、
今、異なるものとの錬金術的な調合と調整。
その間には、光も炎も黒い煙も‥ あるだろう。
そして‥ 結婚に象徴される統合。
そして美しいバランスとしてのカップの6。

なんだか‥ 嬉しい。。。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)
p(‥)qガンバ!!だ。

水‥ サラスバティー

2007.11.23(03:34)
レイキと冥想によって、直観力が鋭くなっている。
もう一度、本格的にタロットを勉強、というより修行? しようと思う。
きっと、未来の自分にとって、有益になるのではないか‥?

で‥
修練の心構えの方向性として、今の流れでいいのかどうか、
タロットに聞いてみた。

カップのクイーンは『水』の中の『水』
上半身が隠されていて、黄金比の螺旋を持つオーム貝のカップを持つのは、
きっと‥
私のハイヤーセルフの一人であるサラスバティーを現していると思う。
 ・過去ログ:ダラーナ そして ディヤーナ
そして2枚目の山羊の第三の目。
水の女神にいざなわれて、第三の目が開かれたのだ。
火のような男性的な創造のエネルギー。
『目的に手加減を加えることなく、それでいて結果ばかりを追い求める欲からは解放された純粋な意思というものは、あらゆる点で完璧なものだ
 ― 法の書 より ―』
エネルギーそれ自体の善悪ではなく、どの方向に向かうか‥
で、ディスクの10は、物質的な成功。
きっと、精神的なものだけで満足するのでは、今までの『ダラーナ』と同じ‥?
プロを目指すということで、金銭的なものを『責任』と受け止めて、
ボランティア的なもので自分を甘やかすな、ということだろうか‥
もちろん、『金になる仕事』という意味では全くない。
で‥
不思議なのが、ディスクの10の一枚一枚に描かれている『水』のサイン。
しっかりと、カップのクイーンと連動している。
全ては‥ サラスバティーのお導き、そして見護りなのだろうか‥

以上のようなことを感じた。
よし。。。
p(‥)qガンバ!!だ。

今日の一枚 『私』

2007.09.08(16:12)
一枚引き。
するとどうだろう。。。
まさしく、これ。。。というカードが。。。
アテュ00『愚者』
愚者
----------kiwaさんの言葉----------
あなたは、今、新しい始まりの中にいます。
それは、無限のエネルギーを持っている状態……
それは、恐怖や不安が何もない状態……
それは、好奇心で胸が一杯の状態……
キラキラと輝いた状態にあるのです。
未経験であるからこそ、不安を感じることがないのです。
未経験であるからこそ、傍若無人でもあります。
でも、それでいいのです……
「子どものような好奇心を持つこと」
何を置いても、まず、そこから始まるのです。
同じ出来事は、二度とは起こりません。
日々、新しいことが起こります。
予想出来ないことが起こるからこそ、人生は面白いのです。
だから、勇気を持って踏み出して大丈夫です。
----------以上----------
まさしく。。。だ。
ん。
p(‥)qガンバ!!
| ホームへ |
プロフィール

*ミュゼ*

Author:*ミュゼ*
 レイキに出会ってから、私の世界が変わりました。これからの精神世界の旅を綴っていきたいと思います。
 この画像は
フランシン・ハート さんのオラクルカードです。
  ■管理ページ■

カテゴリー
リンク
参加しているコミュニティー

にほんブログ村 トラコミュ 精神世界 スピリチュアルへ
スピリチュアル
にほんブログ村 トラコミュ 魔法、神秘、神秘思想、カバラ、密教、秘儀へ
神秘思想、カバラ
にほんブログ村 トラコミュ タロットカードにまつわるおはなしへ
タロットにまつわる話
にほんブログ村 トラコミュ タロット占いへ
タロット占い

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BBS

各記事に関係しない事のみ、
こちらをお使いくださいネ♪
宣伝広告等は削除いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。