スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

『○○○○』という名を借りて‥

2010.08.15(12:08)
あることで、幼少の頃のTV番組の話題になって、
ウルトラマン・シリーズの話になって、
それが主題歌の話にまでなって、
もう何十年も前の歌なのに、
自然に口をついて、歌詞が出てくるのが楽しくて、
友人とはしゃいでいて、
ハッ!!! と気付いたことが!!!
ウルトラセブンの主題歌だ。

作曲:冬木透 作詞:東京一
セブン セブン セブン セブン
「セブン セブン セブン」
「セブン セブン セブン」

1.はるかな星が 郷里だ
ウルトラセブン ファイターセブン
ウルトラセブン セブン セブン
進め! 銀河のはてまでも
ウルトラアイで 「スパーク!」

「セブン セブン セブン」
「セブン セブン セブン」

2.モロボシダンの 名をかりて
ウルトラセブン ヒーローセブン
ウルトラセブン セブン セブン
倒せ! 火をはく大怪獣
ウルトラビームで 「ストライク!」

「セブン セブン セブン」
「セブン セブン セブン」

3.ミラクルマンの ナンバーだ
ウルトラセブン エースだセブン
ウルトラセブン セブン セブン
守れ! ぼくらのしあわせを
ウルトラホークで 「アタック!」


私が『ハッ!!!』としたのは、2番の冒頭、
【モロボシダンの 名をかりて】の部分だ。

この私も‥
○○○○(私の本名)という名前を借りた、
“永 遠 な る 魂”と い う 存 在 だ ・・・

そんなふうに、強く、強く!! 思ったのだ。
そうして、そんな思いがズドーン!!と胸を貫くと、
・この現世に、今のこの時期を選んで、肉体を纏った私
・様々な体験を、五感や第六感をフルに使って経験する
・エゴに気付いて受け容れる
そんな、いままで胸に溜めてきたことが、
一瞬の間に、走馬燈のように身体中の細胞を照らして、
眩しい感覚がした。

この地球上で、
3次元レベルで体験を重ねるて生きる、Small Me。
そんな Small Me の姿を借りて、
多次元に存在し続ける、Big Me。

私が高校生の頃に出逢ったカバラの本にあった、
『ミクロ・コスモスとマクロ・コスモスの融合を目指す』
という言葉。
これは、こういうことを指し示す文章だったのだ。

ウルトラセブンの歌を歌って、ハッとしてから、
この思いに至るまで、
きっと、1秒か2秒の間の出来事だった。

至福感と目尻の嬉し涙で、私は感動に包まれて、
友人から『変!! ハマりすぎ~!!』と笑われた。(^-^;
この友人は、あいにく、
スピリチュアルには全く関心が無い人なので、
『私だって、○○○○という名を借りた、正義の味方なのだ~!!』と、
ふざけて、はしゃいだのだけれど。

私の一部である、愛すべき『Small Me』
まだまだ多くのエゴを抱えながら、
充分に肉体レベルで、イキイキと生きている私。
そして、これまた私の一部である『Big Me』
ハイヤーセルフとも言える、それは、
そ れ さ え も 、 私 の 一 部 。

私の中の『気付き』のスペースが、
グンと広がった一日だった。
そのきっかけが、ウルトラセブン!! だったのが、
とっても面白いのだけれど。 (^^)

そんな思いから一日明けた次の日、
ダイナビジョンからのメルマガに、
『アバターとして生きる』という言葉があって、
まさに!! まさに!! タイムリー!!!

私は、
そして、すべからく人は、
この地球に、アバターとして生きる『神』なのだ。
スポンサーサイト

ミニ・リーディング会で見えてきたこと。

2010.07.07(23:25)
先日、熊本まで、ミニ・リーディング会に行ってきた。
ドルフィンのFSP1修了の最後の日に、
実際に全く知らない人を相手にして、
20分くらいのミニ・リーディングする、
というものだ。
そのモニターとして、参加したのだ。

いただいたギフトは、
① 真実の剣 (3本目かも)
② 自由自在のレッド・カーペット
③ 陰陽の切り替えスイッチ クリスタル製

剣に関しては、一本目がFSP1での、真実の剣
そして、セント・ジャーメインの浄化の剣
で、今回のギフトとしての、真実の剣だ。
第3チャクラに収まったらしい。
感想としては‥
一本目の剣を、さらにバージョンアップするためのツール。
これにより、最初の剣がレベルアップしたのだと思う。

そして、レッド・カーペットは‥
以前、主催の講師の方のリーディングを受けたときに、
『赤いハイヒール』をいただいたのだが、
これと同類のエネルギーだと思う。
このときは、雨の日にはレイン・ブーツにもなる、
変幻自在の赤いハイヒールだったけれど、
今回は、自分の方向性を定めて、
そこにレッド・カーペットを転がして、
その上を堂々と歩くのだ。
これも、私の今の『歩く』とか『生きる』など、
行動する、という事に関するエネルギーが、
バージョン・アップした感じがする。

そして、切り替えのスイッチ。
7角形のクリスタルで、
赤いときは陽、青いときは陰。
キーワードは、バランス。
自分を深く見つめるときと、
楽しいことをワクワクしてするときの、切り替え。
自分で意識的に切り替えるためのツールで、
第6チャクラに収まっているのだ。

ビジョンというのは、本当にパワフルで、
思考を越えたところで、ダイレクトに作用する。
ハワイでいうところの、
ウニヒピリ(潜在意識のようなもの)に、
直接に届くのだ。
ウハネ(思考)は、あくまでもツールであり、
ウニヒピリが納得して感じて、
それがアウマクア(ハイヤーセルフ)に繋がる。

メールでのカード・リーディング・セッションは、
言うなれば、ウハネのみ。
ウニヒピリとの連携作業は、その人その人のプロセスに従って、
個人個人に任される形になる。

ん・・・
今回までの経験で、
私の方向性が、さらに定まった感がある。
この点は、また別のタイトルにして、アップしようと思う。

アカシャ光の叡智 覚え書き

2009.09.04(13:13)
『アカシャ光の叡智』ゲリー・ボーネル著
■錬金術のプロセス
熱にさらされ、不純物が明確になり、
浄化の必要な部分が痛いほど表面化する。

■恥
恥は、カー・ボディーにとっての毒。
活力と潜在力を奪う、有毒物質。
あなたの恥ずかしさを、『今』の中に解き放つのです。
自分自身を、世界を照らす光として表現すれば、解き放つことが可能になります。

     私のハートとマインドの奥深くを捜索し、
     恥が潜む暗闇を見つけ出し、
     それを取り除くのだ。

■環境はあなたを創らない。
それはあなたの内側を見せてくれるだけ。

■ヒーリング
悪い状態のものに対して『良くなるように』という思いではなく、
『良い状態だったときのことを思い出す』という感覚で行う。

■真実
『愛されることと引き替え(交換条件)の“正しさ”』ではなく、
『期待されている正しさ』でもなく、
本当の『真実』を、しっかりと感じること。
それは、頭とハートの統合を促す正しさ。純粋な意図。
本当に正しい行動を通じて『今』表現される純粋な意図。
善悪の固定観念を、全て手放し、
自分が今、本当に欲しがっているものを求めることです。

■『正しいこと』と『愛されること』
私たちは、正しいことをすることと、愛されることを混同しているんです。
その主な理由は、正しいことをすると抱きしめられるからです。
自分自身のハートの声だけを聴くことです。
もしも私たちがいつも正しくあろうとしているとしたら、
そのときの私たちは『愛されたい』と思っているのです。
そして、『愛されたい』と思うのは、『愛されていると感じていない』からなのです。
そして、愛されていると感じていないなら、
そのときの私たちは、愛に満ちた場所にはいないはずなんです。
自分が差し出したものを、私たちは受け取るわけですからね。

■『今』という贈り物を充分に楽しむ
『今』という贈り物を充分に楽しむためには、
『過去の傷ついた未解決のフィーリング』と『未来への不安』という包み紙を、
取り払わなくてはなりません。
自分が欲しがっているものを、
それはすでに自分のものであると知りながら、求めるのです。

『二心(ふたごころ)』を無くす!!!

2009.09.03(13:30)

自分に責任を取る。
失敗から、しっかりと学ぶ。
自分の足で歩く。
今、自分ができないことに理由付けをしない。

本当の誠実さとは、何か。。。
今、生きている、ということに、どれだけ感謝できるか。


今、変化のまっただ中にいると感じている。
心からのアファメーションをしてきた結果、引き寄せられているもの。
一見すると‥ 良くないこと。
周りの友人達にも、ずいぶんと、
『心配』という言葉では言い表せないほどのものををかけてしまった。

前にも書いたけれど、今が正念場。

ゲーリー・ボーネルさんの『アカシャ光の叡智』を読んで、
今の私が一番に感じることが、『二心(ふたごころ)』だ。

体裁を整える、とか、人に好かれる、とか、
そんな『他』へと向かう自分の心の方向性は、
結局は‥ 鏡の法則。
自分自身にも、そうしているのだ!! と、やっと気付くことができた。
自分の中の『誤魔化し』が自覚できるようになった。

  私は、こんなふうに嘘をついていたんだ‥
  私は、こんなふうに誤魔化していたんだ‥
  私は、こんなふうにして、その場で好かれる自分を演じていたんだ‥
  私は、こんなふうにして、自分の望む結果を得るために、
      無意識に他人をコントロールしていたんだ‥

自分の弱さや無知を交換条件にして、
下手に出るやり方で、コントロールの触手を伸ばしていたなんて・・・!!!
『愛されたい』から、
『愛されるがための正しさ』で自分をガンジガラメにしていたなんて・・・!!!
その人が好きだからこそ、期待に応えようとして、
『期待に応えること』に気が行き、『正解探し』をしていた部分が多々あった。
もちろん、全てがそうであったわけではないことは、断言できるけれど。
そしてそれは、結局、取り繕うことに繋がるから、それが剥がされるのを恐れる。
剥がされたが最後、受け容れられるわけはないという間違った信念の元に、
『恥』と『極度の孤独』が私を鷲掴みにする。

顕在意識では、一生懸命に『正しく努力』しているのだけれど、
潜在意識は‥ 何が『真の正しさ』なのかを、ちゃんと解っているのだ。
そんな、交換条件の中での正しさなんて、真の正しさであるはずがない。
結局‥ 不安や恐怖は、自分自身で作り出していたに過ぎないのだ。

幼い頃に特に重要とされる『無条件の愛』を、
大人になってから獲得することの難しさを痛感する。
でも‥
幼いときに、本当にそういう環境で育つことのできた人間が、
果たしてどれだけいるだろうか‥?

真の意味で、自分を愛すること。 自分を赦すこと。
気付いたときが、始まり。

自分の心に正直であること。
自己主張ではなく、自己表現をすること。
『愛されることと引き替えの正しさ』ではなく、本当の真実を感じること。
他をコントロールしないこと。 したときには、少しでも早く気付けるようになること。
人にコントロールされない自分になること。
『神聖な私』になること。
以上のことができてないと感じたとき、理由を他に求めないこと。
自分を責めないこと。
ただ、感じること。観じること。

ドルフィンのスクール中は、意識して瞑想していたから、できていたことが、
スクールの1が終了する少し前から、現実の生活面で、
それはもう劇的な環境変化が訪れて、
ついつい、目先のことで気持ちが混乱して、
見えなくなっていた自分がいることに、今更だけど、気付かされた。

スピリチュアルな学びをして、
それを本当に活用できる自分になることをアファメーションした結果、
自分の中の『基本』の立て直しを迫られたのだと思う。
『このまま進んでも、砂上の楼閣ですよ』と。

感じるのは‥
『楼閣』自体は、本物。
決して『砂の城』ではない。
ただ、土台が、砂だっただけ。

叡智の楼閣を築くための、叱咤。
叱咤されるほどのことがないと気付けなかったほどの、もろい砂だっただけ。

もろい砂を、全て掃除して、
今から、真の土台を築いてゆくのだ。

   私が、今、知っている、全ての光の存在に‥
   今、ここに、サポートをお願いします。
   そうなります。

正念場

2009.08.22(14:00)
誘導瞑想の中で、ゆっくりと、何度も繰り返された言葉。

・・・私は 誰ですか・・・

この言葉が、私の内側で何度も反芻される。
しばらくして、ふぅっと浮かんだのは、
『私は・・・ “私”です』という言葉だった。

『私は、私自身である』というのは、
その時点では、言葉であり、観念であり、ヒントでもあるような、
そんな感じだったのが、
日々を追うごとに、深みを増している。

家族関係や職種などの外郭的なものではなく、
何度も転生している私の魂レベルで、
私が、本当にやりたいことは。 目指したいことは。

きっと必要であったこの試練から、何を学び、
未来にどう繋げてゆくか。
そして『私自身である、今の私』には、もう窮屈になったものを、
どのように手放してゆくか。

近い過去‥
何かのために、大切な何かを切り売りしてはいなかっただろうか‥
その時。
『必要なもの』だと腹をくくって、感謝とともに在れただろうか‥
否。
不満を抱えたまま、理屈のみで形を取り繕っていた。

『私自身』でいるために、大切なこと。
これに気付くために、今がある、ということ。

しっかりと『浄化』しなければ、
きっと、同じテーマは繰り返される。

『今』が、正念場。

・・・ニュートラルに自分自身を見つめる私になります・・・
・・・そうなります・・・



修了~新たな始まり

2009.07.27(12:16)
ドルフィン・スター・テンプルのFSP1を修了した。
週末コースだけれど、基本的に日祝日しか休みのない私。
(労基から完全に逸脱しているが‥orz)
だから、他の週の日曜日に出勤をチェンジしてもらい、
私としては、日程的な部分を、かなり‥ 頑張った。
そして、その想いを実現化させることができて、
この流れに感謝している。

エネルギー・ワーク、恐るべし。
頭で解っている『理解(りげ)』が、細胞レベルに落ちる、そのスピードの、
なんと早いことか‥!!!
そして、不必要なエネルギーを取ることで、
クリアリングされるレベルが、もう、まるで、ワープのようだ。

そして、そんなエネルギーが、私にもしっかりと感じられること。
これは、インスピレーションのレベルではないことがはっきりと解る。
しかも、自分のオーラの外側で、全てのことが行われるから、安全。
ん~
本当は、もっといろんな発見や変容や真実に関しての、
あえて『物語』とも言えるくらいのことがあるけれど、
口伝を守ることがどうして大切なのか、という重要性も、
だからこそよく解るので、ブログには書かない。
口伝に抵触せずに、私の言葉で語るには、
私はまだ未熟だ。(^^;;;(^^;;;

FSP1を受けたことで、
私にとってのカード・リーディングの位置づけがはっきりとした。
導入のためのツールとして、ますます活用させていこうと思う。
でも、あくまでもポータルとして。
もちろん、それで終わる人もあるだろう。
それはそれで、よし。
もちろん、お互いにとって、という意味だ。
道は一つではないから。
その人にとっての最善が起こる、ということを信じることが大切。
すべては‥ 人智を尽くして天命を待つ。天の配剤。
さらに、それらはすべて‥ 『鏡の法則』
私の周りで起こることは、全て、合わせ鏡だ。

私の自己信頼。愛。勇気。それらも全て、合わせ鏡だ。
受け取って、与える、という循環。
天のエネルギーは、尽きることがない。

ヒプノ、カード・リーディング、そして、エネルギー・ワーク。
これらのツールを手にした『今の私』の使命は‥
まずは、練習を兼ねた実践。
でも、いわゆる『お勉強』ではないところが、
このプロセスの素敵なところ。

私とモニターになって下さる方々にとって、最善のことが起きること。
決して、単なる『練習台』ではなく、『その時の、お互い』にとっての『最善』だ。
そして、もしも、見かけが『ネガティブ』の様なことが起きたとしても、
最善を意図した上で起きることなのであれば、
それは、必ず、意味のある事なのだと確信できること。
結果‥ 全てに『感謝』できること。
私の、過去・現在・未来、において‥ 全てに。

福岡でのFSP2の開催予定は、来年の秋らしい。
長いけれど‥
実践の機会が多くあるのだ、ということなのだろう。
その前には、PLI1もあるから‥
まだ迷っているけれど‥
答えを焦らずに、じっくりと『観じる』ことにしよう。

最終日、豪雨の中にしては、的確に動けたことにも感謝しつつ、
私の意識の入れ物としての、私の身体にも感謝しつつ‥
これから起こるであろう、一見すると良くないことにも、
そして、もちろん、良いことにも、ワクワクしながら、
この3次元を生きていこう!!!

感じる・観じる

2009.06.25(10:55)
一瞬一瞬を過去にしながら生きている私。
そして、その時々の喜怒哀楽がある。
例えば、嬉しいときには舞い上がり、悲しいときには沈んだり‥
でも、この頃は、グラウンディングを意識することで、
例えば、嬉しいときに舞い上がっている自分を、
そして、悲しいときに沈んでいる自分を、“観”ている、
そんな、別の次元の自分の存在に気付くようになった。
そして、自分のエゴに振り回されたときには、
大抵、別の次元の自分が観ていない事にも気付かされた。

三次元の私と、別次元の私との、わずかなスペース。時空。
それは、吸う息と吐く息が切り替わる、一瞬の“間”のようでもあるし、
時には一瞬でワープして、他の宇宙に行くように感じるときもある。
そんな、大きくて、でもわずかな、“スペース”に“観”が“在る”という、
そんな感覚。

ん~
言葉にするのって、ほんと、難しいけれど。 (^^;;;

昔は‥
同じ次元の自分をもう一人創り出して、
たとえば、『なんて可哀想な私』などという自己憐憫に陥ったり、
『怒りが爆発して当然なのだから』と、さらに怒りをつのらせたり、
『これだけ頑張っている私を他人が見たら、労って当然』などと、
そんなふうに自分で自分を見ていた。
もっと言えば、そうすることで自分を限定していた。
もちろん、そのときには解らなくて、
その時の私にとっては、そんな自己弁護や自己を限定することでしか、
自分を守れなかったのだけれど‥
でも、もう、要らない。

同じ次元のもう一人の私に‥
さよなら。
そして、今まで、側にいてくれて、ありがとう。

そして、別次元の“観じる”私に‥
あなたに出逢えて、嬉しいです。
私のグラウンディングの意識と共に‥
これからも、ずーっと、よろしくネ♪

『自己一致』に導かれて‥

2009.06.17(17:03)
あることで、『自己一致』という心理学用語で検索をかけていて、
まるで導かれるように行き当たった言の葉に感銘を受けた。
denshinbashiraさんが書かれている『遺言』というブログの中の、
今年の6月1日の日の日記、『遺言/自己一致・・・!』である。

何度も読んで、そして、
内面にわき上がるワクワク感とともにブログトップに戻って、
おもむろに、denshinbashiraさんの今日の日記を読むと‥
!!! さらにさらに、まさに今の私のために書かれたような言の葉が !!!
特に自分の感情に固執している人は
すべてを感情レベルに持ち込み
『自分の感情』という小さな窓枠から外を見ようとするから、
たいがいが混乱のドツボから抜けられない。

私には、辛口の友人(師?)が居る。
あくまでも、良い意味での辛口。
真実をズバズバと突くからだ。
彼女の言い回しや語調に、すぐに惑わされる私が居る。
『感情の私』と『論理&思考の彼女』と、私は思っていたけれど、
結果的にそうだ、というのと、
甘えや逃げからそう決めつけたところから出発する、というのとは、
大きな勘違いであることが、ようやく、
私の中の感覚として腑に落ちつつある今日この頃。
denshinbashiraさんの言の葉に出会うことができて、
心の整理のスピードをアップすることができた。

幼いときには、確かに自分を護っていてくれていた『パターン』は、
幼い心と体に合っていた服だ。
大人の私が、それを着ようとしても無理なのに、
手放すのが怖くて、必死に自分を縮こまらせて、無理矢理手を通して身に纏っている。
そんな思い込みや信念を書き換えて、古い衣を脱ぎ捨てて、
新しい着心地の良い服に着替え、身も心ものびのびと、自由になるのだ。
そのことに気付いて、刻まれた価値観や信念を書き換えて、
手放すための、ヒプノやリーディングやヒーリング。
今、私が学んでいる、そんなエネルギー・ヒーリングの手法も、
結局は、全てがリンクしていると思う。

今、denshinbashiraさんのブログを夢中で読んでいる私。
あ‥
言葉の流れとしては『夢中』と言ってしまったけれど、
正確には‥ 『集中』だ。
更に言えば‥
私の膨大な『賢い無意識』と、まだまだ狭い『未熟な顕在意識』との間を、
まるで細い糸でつなぎ合わせるようにしながら、ワクワクしながら読んでいる。

あらためて、ディヤーナ

2009.03.21(12:47)
昨日の春分の日は出勤で、今日から二連休。
久々に休日を“休日らしく”ゆったりと過ごしている。

ケータイメールで毎朝送られてくるマヤン・カレンダー。
 マヤン・カレンダー/ケータイ専用無料サイト
この頃は、日常に起こる事とのシンクロ度合いが深まって、
正直、スゴイ!!と思っている。
で、今日のマヤンカレンダーは‥
今日は行動を通して、自分の気持ちのこだわりを洗い流す日。
何かの結果に到達した後は、失敗でない限り途中のやり方は問題にならない。
終わりよければ全て良し。

漠然と感じていた『想い』が、
今日のマヤン・カレンダーの言葉で、形になったのだ。

私はカードが好き。
今では、タロットだけではなく、いろんなオラクルカードも、
そしてルーンも。
その根っこは同じだからだ。
自己と融和しやすいかどうか、という感覚が大切なだけだ。
そしてその時に選んだデッキの中から、その時に必要なカードに対して、
『引き寄せの法則』とか『天からのサイン』が働いて、選び出されて、
その場に『鏡』となって映し出される。
このシンクロ度合いが深まっている、と感じる。

カードが未来を創るのではない。
人それぞれの未来は、それぞれの人の『想い』が創るのだ。
そんな未来の源である『想い』の部分に対して、
私はどんな風に働きかけることができるか‥
これが大切。
その手段の一つとして、私は、今の私が手にしているツールとしての、
ヒプノセラピーやカードリーディング、そしてレイキを、
“とりあえず”使うのだ、というスタンス。
さらに使い続けて、シンクロする度合いを深めるのだ、という気持ち。

で、マヤンに戻るのだけれど、
結果が大事。
スピリチュアルな手法は数あるけれど、
どのツールをどんな風に使うか、ということも、
どのように読みとって、どんなふうに伝えるか、ということも、
すべては、結果が大事。

で‥ 今までは、自分の事ばかりをリーディングしていた。
自分の事だから、カードからのヒントも自分なりに解釈できていた。
でも、私が導き手となって、或いは暗くなっている道をランプで照らす事で、
クライアントさん自身がどんな風に発見して気付いて、
どんな方向性を持って、どんな気持ちで前に進むか‥
クライアントさんがどんな想いで未来を創るか‥
そのお手伝いが、どこまでできるか‥
そんなふうにお手伝いさせていただく事で、
私自身もどんなふうにさらに人生を深める事ができるか‥

『他』との繋がり。
全ては鏡。
全ては、ワンネス。
これは『理解(理解)』だ。
そして、そういう事の実践は、これからだ。
練習。練習。練習。
実習。実習。実習。
これは『行解(ぎょうげ)』だ。
そうして行解を重ねることで、さらに理解が刺激されて、
まるで右足、左足、と進むように、
フォーカスを移しながら進んでいく。

今日は、こんな気持ちが整理できた。

(ドリーン・バーチュー:オラクルカードより)
■Sign from Above
天上からのサイン(守護天使)
 天は物質界でのサインを通して、あなたに祝福と答えを送り届けてくれます。このカードはそんなサインにもっと注意をするように、と伝えています。なぜなら、それはあなたの問いかけに対する答えの一部だからです。
(中略)
 ただの偶然ではありません。『偶然とは、神が匿名で行うときに起こる』という古い格言がこれに当たります。あなたが受け取ったサインを信頼し、それには非常に真実味があって意味があると気付いてください。

----- 関連する過去ログ -----
・ダラーナ そして ディヤーナ (2007-11-18)
・ダラーナのビジョン (2007-11-22)

お金~アンカリング

2009.03.15(14:11)
過去ログ ヒプノ講座、終了。 にコメントをいただいて、
そのお返事を書いていて、降ってきた言葉があった。

『お金』は、関わる人次第で意味が変わります。
愛や豊かさの『アンカー(錨)』として、私は捉えたいと思っています。
軽い錨ですむのに、重たい錨を引きずったり、とか、
重たい錨が必要なのに、軽いものですませて、流されたり、とか、
いろんな場合が考えられますけど、
それも、訓練‥? なのかもしれません。
『そのときのその時空間で、私と周りの人にとって最適なことが起こります』
そんなふうに私たち人間は、祈り、信じること‥
ここでも、『誠実さ』と『愛』と『勇気』が試されますネ


私の言葉ではない。
私とハイヤーセルフが合体して、紡ぎ出た言葉‥
そんな感じ。
自分に対して言い聞かせているのかもしれない。
私自身が実践できてもいない内容だから、ビックリだ。(^^;;;
だから、コメントのなかに埋もれさせたままにしないで、
ここに、一つのエントリーにして記して、
自分自身へのアファメーションとしておこうと思った。

『誠実さ』『愛』『勇気』
このレベルを上げる事。進化する事。魂を磨く事。
優雅に‥ 易々と‥ 

『理解(りげ)』と『行解(ぎょうげ)』

2009.03.15(13:24)
今朝、まどろみの中でひらめいたこと。

ヒプノやカードなどでピンとくる事は、理解だ。
そして、人間関係で起こる体験は、行解だ。
両者が二本の足となって、私は、立つ。自立する。
そして進化する。


『理解』と『行解』が左右の両輪である、という概念は、
上記の本で得ていたことだ。
著者である内藤先生は、ヨガの方なので、
この本での『行解』の項は、主にヨガを扱っていらっしゃるのではあるけれど。

『行解』の訓練として苦しいときには、『理解』からのヒントやひらめき。
今生に生まれた、ということは、そもそもそれが『行解』なのだ。
だから、苦しい事や問題などが起こって当たり前。
だからこそ、『理解』としてのヒントが必要で、
それがいわゆる『スピリチュアル』と言われる分野だ、ということ。
だから、『理解』が先に来て、そのことが解る実感がないときには、
自然に、何らかの『問題』として突きつけられて、
困った事や苦しい事として私たち人間は認識する。
それを乗り越える事で、『理解』と『行解』が合体する。
人間としてこの世に生まれた、ということは、
その繰り返しで魂を磨くため。
そして、そのことをもっとマクロにした意味で、
私たちの魂は、生と死を繰り返す。
肉体をまとって生まれるのは、行解の時期。
死を経て、次の生を迎えるまでは、理解の時期。

理解の時の魂は、肉体を纏った時期に困らないように、
ハイヤーセルフとなって、護っている。
『内なる神』だ。
内なる神とコンタクトを取る事が、今生の魂の『行解』にとっての磁石。
そして、その営みや進化を護ってくれている存在、波動。

そういうことなのだと、なんとなく思った今朝だった。

優雅に易々と・・・

2009.02.28(14:28)
今までは‥
というか、少し前までは、
何か『問題』が起きることで、困ったり悩んだりして、
足掻いたあげくに、ようやく気付けて、
そしてそれが『学び』だったのだと気付いた。

でも今は、大きな問題で座り込むようにしてまでの立ち止まりや振り返りをする一歩前?
そんなに大事に至る前の『サイン』に敏感になってきている自分を感じる。

『優雅に易々と』
この言葉も、心から信じることが出来つつある。
これを阻んでいたのは、私自身の内側にある『恐れ』だったのだ、ということが、
本当に理解できたからだ。

無理矢理バネを押して負荷をかけて、やっと重力に逆らってジャンプするのではなく、
これからは、スルスルと、コロコロと、サラサラと、フワリフワリと‥
重力に左右されずに動く私をビジョン化することができる。

微細なサインや、進むべき矢印は
『見よう』と強く意志を持てば、必ず見ることが出来る。
それを見ることが出来るように、ちゃんと導かれるのだ。
目で、耳で、感覚で‥
五感で『観る』のだ。

レイキもヒプノも、そしてカードも、そのためのツール。
誰の中にも、そして私の中にも在る『内なる神』との対話の手段だ。

こんなことが、さらに私の中で深まった。
そして、深まれば深まるほど、次への課題が見えてくる。
『優雅に易々と』昇る螺旋階段。
そんな素晴らしい螺旋階段を、針の山や血の河にしていたのは、
何者でもない、私だった、ということが、とっても腑に落ちた今日この頃。

・・・追記・・・
記事アップを確認した後に降ってきた言葉は、
『“責任を取る”ということは、責任感や義務感からではなく、“愛”から‥』

私の中に在る『ハイヤー・セルフ』と、頻繁にアクセスできるようになって、
これも本当に、天からの愛でありお導きだと、心から感謝だ。
今生の、この環境下を選んで生まれてきた『私』を、
今、精一杯‥ 生きなくちゃ。

信じられない‥

2009.02.06(13:33)
朝のアファメーションとして、またマーメイド&ドルフィンカードを引いてみた。
こんなに毎日引くのは、久しぶり。
もう、同じカードは出ないだろうと思いつつも、
そんな雑念は深い呼吸で消して、レイキで場とカードの浄化をした。
そして、クリーンな自分を感じてから、カードをシャッフルする。
そして、ひくと‥

■Have Faith 信じる力
「祈りが現実になろうとしています。
 ポジティブな気持ちを維持して導きに従ってください 」
■Father Healing 父親との関係
「父親に関わる問題を天に任せてしまえば、
 あなたのパワーはもっと強くなります 」
■Ready, Set, Go! よーい、スタート!
 「今は、望むことを始めるとても良い時期です」

確かに、2月4日の日記に父との事を書いていたけれど‥

 >母との問題を乗り越えつつあるあることで、
 >忘れてしまっていた父との関係のことなど‥
 >それは、まるで、幼児退行のヒプノのようで、
 >幼い頃の自分の感情を見つめることが出来た。

もう‥ 信じられない‥
父に関したカードと一緒に、
またまた『Ready, Set, Go! よーい、スタート!』のカード!!!

私はその真実の意味を酌んでいないのかしら‥??
だから、4回連続、出るのかしら‥(?_?)
ん~
私の解釈‥
ヒプノの講座に限定しすぎているのかも。
あ、でもそれなら、
『Pay Attention 気づいて!』のカードも一緒に引きそうだけど‥

ん~
3月半ばに終了するヒプノ講座だけに気をとれらるのでは無く、
色んなことに『よーい、スタート!』と、
天から背中を押されているのかナ‥

ん。
ヒプノ講座、習得ありき、ではなく、
そのツールを活用して、どんどん浄化を進めなさい、ということなんだろうナ~

『癒されるためにそれほど時間はかかりません。
 ただ、過去に形成された父親への怒り、悲しみ、怖れから
 自由になる意志があれば良いのです。』

Father Healingのカードは、そう言っている。
以前に聞こえた 『自己弁護はしなくていいのです。』というメッセージ は、
ここと繋がっていると確信した。
だから、私は‥
優雅に易々と‥ 乗り越えます。 (゜゜)(。。)

というわけで、次の機会には‥
そろそろ違うカードで導いてください。(^^;;;

ビックリ!!

2009.02.05(11:00)
今朝、アファメーションをした後に、またカードを引いてみた。
ちゃんと場とカードを浄化して、よーくシャッフルして、
そして、3枚。
結果が‥

■Break Free 殻を破る
「新しい冒険をしましょう。行く先々で、学び成長していきます」
■Ready, Set, Go! よーい、スタート!
 「今は、望むことを始めるとても良い時期です」
■You're Being Helped 守られているあなた
「まだ結果がでていなくても、天はあなたの知らないところで働きかけています」

また出たのだ。
『Ready, Set, Go! よーい、スタート!』のカードが。

このカードだけ、ソリがあるのか、はたまた縁が他の違うのか、
よーく、じっくり、調べてみたけれど‥
他のカードと何も変わらない。
(^^;;;

頻繁に出る、というカードは確かに存在するけれど、
3枚引きをする度に、続けて同じカードが含まれるなんて!!!
しかも、最初は、このカードの意味を強くするカードが出ているし!!!

そして、『殻を破る』というカード。
昨日の日記に、自分が書いた言葉‥

 >癒すべき、そして乗り越えてまた一皮剥けるための『祝福された変化』に、
 >スポットライトを当ててくれたのだ。
 >変化は‥ 確かに苦しい。
 >脱皮するための期間が、気付けば気づくほど、早まるのだから‥

天からの応援が、目に見える形でカードに現れて、
その意志を、私に証明してくれているのだ‥!!!

ん。
確かに‥ 『殻』だ。
よし♪
優雅に、易々と、楽しく、殻を破るゾ!!! p(^^)q

納得‥

2009.02.04(14:19)
少々辛い事があって、頭痛という形で身体に出た。
一年ぶりくらいにバファリンを飲んで、落ち着いてから、
今お気に入りのオラクル・カードを引いてみた。

■Watch Your Thoughts 頭の中で考えること
 「怖れではなく、何を望んでいるかを考えることが大切です」
■Divine Magic 天の魔法
 「強力な神秘エネルギーがあなたを取り巻いています。
  まもなく奇跡が起こるでしょう 」
 この次に引くカード、または次に出たカードは、天からやってくる神秘的な魔法がかけられています。それを強調するためこのカードが出てきました。「天の魔法」のカードは、次のカードに特別に注意して従って欲しいというメッセージを含んでいます。
■Ready, Set, Go! よーい、スタート!
 「今は、望むことを始めるとても良い時期です 」

自分の中に、気付かないままに溜め込んでいる『怒り』が在る事に気付いた。
そして、自分の事ではそれは意識されなくて、
『被害者』としての自分が居るだけなのに、
他人同士のやり取りで、自分の感情が勝手に巻き込まれると、
溜めていた『怒り』が、他人の代弁者としての形で現れる心の癖に気付いた。
少し、というかかなり落ち込んで、
『やっぱり私はダメ』というところに逃げ込みそうになるのを、
別の私がちゃんと押し留める。
『ホラ、逃げちゃダメ。変革のためのチャンスなのだから。』と。

そして、頭痛のお陰? で、幼少の頃の両親との関係がウツラウツラと思い出される。
母との問題を乗り越えつつあるあることで、
忘れてしまっていた父との関係のことなど‥
それは、まるで、幼児退行のヒプノのようで、
幼い頃の自分の感情を見つめることが出来た。

そして、それから2日後の今日。
疲れているときには、タロットを自分でリーディングする元気が出ない。
(^^;;;
オラクルカードは、アファメーション的に癒してくれるから、
元気の無いときには、私には適している。
で、また、カードを引いてみた。

ビックリ!!!
前回に意味の強められたカードが、また同じ場所に出ているのだ。
■Blessed Change 祝福された変化
「人生の大きな変化が、あなたにさらにすばらしい祝福をもたらします」
■Waves of Prosperity 成功の波
 「新しい豊かさとワクワクするチャンスが押し寄せてきます」
■Ready, Set, Go! よーい、スタート!
 「今は、望むことを始めるとても良い時期です」

ヒプノセリピスト講座と確実に繋がっている気がした。
癒すべき、そして乗り越えてまた一皮剥けるための『祝福された変化』に、
スポットライトを当ててくれたのだ。

変化は‥ 確かに苦しい。
脱皮するための期間が、気付けば気づくほど、早まるのだから‥
めげたり、逃げたりしている暇はないのだ。
そして‥
よーい、ドン!!! だ。
ニコニコと。 楽しく。 易々と。 (゜゜)(。。)

『安らぎのワークショップ』

2008.11.10(15:50)
2日間のワークショップに参加して、予想通り?
いや、予想より以上に、『ゆるし(赦し)』の意味が深まった。

昔々‥
私は母の愛を得るために『良い子』であろうとした。
母からの酷い愚痴を聞かないと無視された。
母の『良い子』でいないと拒否された。
で‥
わが子に気付かされたのだ。
『私は、自分の子ども達に同じ事を要求しようとしている』と。
さすがに同じ行動はとらなかったけれど、
『こんなにしているのに。こんなにしてあげているのに。
 私の小さい頃はもっと大変だったのだから、あなたたちはまだマシ』
そんなふうな思いが根っ子にあったままだった。
で、ある日‥
30代にして初めての『反抗期』が始まった。
そしてその後、『ゆるし』の旅が始まったのだけれど、
ホ・オポノポノの4つの言葉で行き詰る私が居た。
 ・愛しています
 ・ありがとう
 ・ごめんなさい
 ・ゆるしてください
このうち、上の二つの言葉までは、心から言えるようにまでなった。
そしてその後、アバンダンティアのアチューンメントのときのリーディングで、
母が、私の今生での学びを促進するための『傷ついた天使』であることに気付かされて、
心から『もう解りました。気付くことができなくてごめんなさい』と言う事ができた。
そして、大内博さんの本とであって『ゆるし』が『赦し』であって、
決して『許可』とか『認める』という意味での『許し』ではないことが身に沁みて、
やっと‥
『ゆるしてください』という言葉を口に出して言えるようになっていた。
でも、それでも‥ 本当にかすかな、摩擦? ざらつき? を感じていたのに、
それに眼をつむっていた私が居た。

こうして迎えた今回のWSだったのだけれど、
1日目のセッションで、ネガティブな思いを書いた紙を実際に燃やして、
起こった事象を違う目で見る決心をし、アファメーションをし、
私はその微かな摩擦を消すことができた。
そんな気持ちを、セッションの中でシェアすることが出来て、心から嬉しくなった。

で、2日目。
教えていただいた瞑想をしていると、急に、声が聞こえた。
『あなたはお母さんを愛していますか?』と。
そして、私は気付いたのだ。

『私は‥ 一度も母を愛したことが無かった』と。

ホ・オポノポノの言葉の中で、比較的簡単に言えたはずの
『愛しています』という言葉だったはずなのに、
私は真の意味で‥ 母を愛した事は無かったのだと気付かされた。
言葉にし始めて、ようやく『愛する意志を持った』のだ。

母の愛が欲しくて欲しくて、自分を『母のお人形』にしたのは、
私だった。
『愛して欲しい』と切望し、時には声無き声で叫びはしたけれど、

  昔 の 私 は‥  母 を 愛 し た こ と は ‥ 無 か っ た

そう気付いたとたん、涙が溢れてきた。
『ごめんなさい』
『赦してください』
その言葉が、何度も何度も繰り返されて、
気付くと、唇が、その言葉の通りに動いていた。
涙が頬を伝い続けるのだけれど、
その涙が、また温かくて‥
嬉しくて、また泣いてしまう。

確かに‥
物心付いてからは、呑みこまれ続けていた私だった。
でも、世代間を通じて縛られていた『共依存』の鎖は、
何も母だけのものではないのだ。
何代も何代も続いていた鎖。
やっと断ち切った鎖。
封印したブラックホール。
けれど‥
私は母のおっぱいを飲んで育った。
母の縫った洋服を着て、動物園に連れて行ってもらった。
父の肩車で花火を見た。
確かに‥
私は愛されていた。

現実の行為としては、許可するべきではない事。
私は決して、自分の子ども達にはしない事。
でも、そのことと『赦し』は違うのだ。

私にとって、今回のWSでの『ゆるし』は、
ホ・オポノポノの最初に言えた言葉『愛しています』の洗い出しだった。

気付きから始まって、
反抗や封印などの、
私にとって必要なプロセスを辿る事ができて、
今回、また、新たな出発点に立ったのだ。

私のような思いの人たちは、たくさん居る。
長いスパンで計画している『ある事』が、決してエゴではなく、
もちろん、何かの代償行為や代替行為でもなく、逃げ道でもなく、
『私にとって最善のことが、他のすべての人にとって最善のこと』という認識を軸に、
これからも少しずつ、進みますように‥
そして『優雅に易々と』進みますように‥

テーマは 『ゆるし』

2008.11.07(12:53)
レイキ&タロット・リーディング、瞑想など、
日々、活用しながら毎日を送っているけれど、
先日、私と友人の複合ヒーリングで癒しの涙を流された方を目の当たりにして、
心の底から‥
その『場』に、その時空間に、そしてその方に対する『感謝の念』が溢れ出てきて、
なんだか‥ 逆に私が癒されるようで‥
結局、これも『ワンネス』なのだと実感した。
入り口は確かに『癒す人』と『癒される人』なのだけれど、
いざ、それが始まると、全てが一つになって、
融合するのではないのに、一つ一つの存在が溶け合うのでもないのに、
各々が自立しながら、でも『一つ』になる、不思議な感覚だった。
レイキは、するほうも気持ちの良いものだけれど、
今回は、その幸せが何十倍にも増幅されて、

ん~
こんなとき、自分の表現力の無さが‥ はがゆい。(^^;;;
でも、ある意味、これは言葉を超えていて‥

『物語』として語るしかないのかも。
あるいは、他の芸術的な方法で表現するしかないのかも。

そんなふうに思った。

いろんな体験や経験に豊かさと深みが増していくのが解る。
今週末は、さらにワークショップが控えている。
大内博さんとジャネットご夫妻の『安らぎのワークショップ』だ。
テーマは『ゆるし』
 ・安らぎのワークショップ   (大内 博 先生のHPより)
 ・安らぎのワークショップ in 福岡   (ラ・ミューズのHPより)

『他への“ゆるし”』=『自己への“ゆるし”』
ホ・オポノポノの4つの言霊

これらの『意味』が、きっとさらに深められるのだと思っている。
すべての『流れ』に感謝しつつ‥ p(^^)qです。

目と耳と口

2008.09.20(12:09)
このところ、『言の葉』は、朝のまどろみの時間に降って来る。
今朝、突然に聴こえたのは、
『あなたはもう“自己弁護”という鎧で身を護る必要は無いのです』
という『言の葉』だった。

『内言』『ハイヤーセルフさんからの導き』『天使の声』
いろんな表現が在るけれど、
今の私にとっては、そういう波動からの護り‥?
そんな感覚が一番近いかもしれない。
『天使』も『女神』も『神様』も、
きっと、宇宙に存在するその時々の“波動”に、
人間がとりあえず名前を付けたものか、
あるいは、その波動が自ら名乗り、
その“音声”は、その時々の人種や文化が、
色濃く反映されたものになっているのかもしれないと、
このごろは思っているからだ。

『そうじゃなくて、私は‥』と、
無意識に“説明”しているつもりが、
結局、自己弁護にしかなっていない自分を感じるようになった。
昔は、『そうじゃない。どうして解ってくれないの?』と思うことに留まっていた。
で、最近は、『どうしたらうまく伝わるだろう』と思っていた。

けれど、今朝のイメージは、
『解ってもらう』とか『何かを伝える』ではなくて、
そうしようとすればするほど、正当化と自己弁護という心のシステムが働きだす自分を認識する過程の“気付き”だった。

そしてモヤモヤした霧が形になっていって、
それは、優しい温かな顔になり、
『目が二つ。耳が二つ。そして口は、一番下に一つ。』と教えてくれた。
目と耳は、顔の中央に4つもあるのに、
口は、一番下に一つだけなのだ。

コミュニケーションとしての『目、耳、口』の割合は、
目が40%、耳が40%、口は20%でよい。
神様は、そのように人をお造りになっている。
ミクロコスモスとしての『発信』と『受信』
『口で、言葉で、発するばかりではなく、
目で見て、耳で受けなさい。』
そんなふうにも感じられた。

ブログは、どちらかというと、口(言葉)で発信する場だ。
でもそれは、20%でよい、というふうにも取れた。
後の80%‥
どれだけ目と耳を使うか‥
『本質を見る、観る、診る、看る、そして聞く、聴く』

ん。
自己弁護なんてしている暇は無いのだ。
そんなことをベッドの中で思っていたら、目覚まし時計が鳴った。

意識的な瞑想とは違い、
早朝のまどろみの中で、まるで天から声をかけられる感覚は、
神聖な光と、肺の底まで届く酸素たっぷりの呼気で、
私を勇気付けてくれる。
そして、まるで山の頂にいる気分が、
目覚ましで一気に現実の大地に戻るのだ。
どちらも大事。
肉体は大地で生きる。
その肉体に備わった目と耳と口は、神様からの祝福だ。
そして‥
肉体が萎えて、機能がままならないとしても‥
心がカバーできるようにも造られているのだ。
例えば‥ ヘレン・ケラーのように。

祝福されたものは‥ ちゃんと使わなければ。
そうも思った。

ん。
その“肉体”を使って、今日も‥ p(^^)qだ。

あらためて‥シュタイナー

2008.07.14(01:06)
日記の更新がなかなかできなかったこの一ヶ月に、
いろんなことがあった。

シュタイナーの数多くの本を翻訳されている、高橋巌先生の講演会に出席できた事が、まずは私にとって大きかったことの一つだ。
テキストは『神智学』

昔々‥ もう10年以上前に読んだ事のある本の数々。
神智学・人智学・いかにして~・泉の不思議・悪の秘儀
心引かれて読みはしたものの、知識のレベルではよく解らずじまいだった。
でも、意識化ではずーっと求めていたのだろうと思う。
で、
レイキを受けてから、私の身体、魂、霊、これらの波動が変わって、
神秘体験を伴って『見えないものの実感』を味わうと、
神、光、霊性などというものが『信じる』というレベルを越えて、
『在るもの』としての実感が私に根付いて、
その上で『ベーシック・シュタイナー』の本と出逢ったのは、
確実にシンクロニシティーだった。

昔に読んだシュタイナーの言葉が、胸に落ちる形で私の中に入ってきた。
最初は西川隆範さんの訳が軟らかいせいかと思っていたのだけれど。
で、そうしていると、野口整体の活元会でご一緒している方から、
シュタイナーの講演会のチラシをいただいたのだ。
講師は、高橋巌さん。
私は万難を排して、即、参加を決めたのだ。

で、講演会の場所に早めに着いて、
隣接する図書館で、他の本を読む事にしたのだけれど、
ここでも、今では絶版になっているタロットと瞑想が一緒になった本を見つけたのだ。
タロットに関する本は、それこそ、星の数ほどあるけれど、
良書は‥ 逆に、数少ない。
早速、メモをして、ネットで調べると絶版で、
古書としてわずかに残っているだけだった。
早速、定価よりもかなり高い値段ではあるけれど、注文をして、
そして会場に向かった。

高橋巌さん‥
どんな人なんだろう‥

実際にお目にかかると、背が高くて、
どっしりとして深い洞察力を感じる瞳。
一つ一つの言霊のこもる言葉を注意深く選びながら、ゆっくりとお話をされる低めの声。

シュタイナーの目線での解説を交えながら、
「ここを少し読んでみます」と仰って、
ゆっくりとはっきりと、通る声で読んで下さるのだ。

絵本の読み聞かせは、大人にも有効。
自分で読むのとは大きな違いがあるのは体験済み。
で‥ シュタイナー。
先生が翻訳されたものを、先生の声で読んで下さるから、
黙読していた言葉に血が通い、魂がこもってオーラをまとって、
私の心に光の糸がスーッと伸びるように入ってくるのに感動した。

先生は、現代に生きる白き魔法使い。
そう思った。

あの場には、確実に、シュタイナーご自身もいた。
高橋巌先生が、仲介者だ。

結局、スピリチュアルなことに関しての『基調』だと思う。
文の一つ一つを脳で理解して知識に留めるならば、確かに難しい。
でも、そうではない理解の仕方があるのだ。
いわば‥ 『理解するシュタイナー』ではなく、
『感じるシュタイナー』だ。

あんなに難しく感じていたシュタイナーなのに。。。
なんだか、とっても身近に感じられて、
本を通しての、今は生身ではない人との『邂逅』という事の、
さらなる意味の深さを感じられたことが嬉しかった。

白い道~『二河』の消えた『白道』

2008.06.12(14:48)
久しぶりに夢を見た。
草原の所々に木々が安らぎの木陰を作り、
小川がチロチロと流れている。
そして、綺麗な白く輝く敷石が真っ直ぐに伸びた白い道。

どこかで見たことのある道。

そうだ、5月の初めに初めて受けたヒプノセラピーで、
映像として見えた道。
『懐かしい』という言葉では言い表せないほどの、
神の懐とでもいうようなあの場所。

あの時は、道の途中に壁泉のようなものがあって、
そこに透明な虹色に輝く大きな卵のような存在が現れて、
ハイヤーセルフとして私の側にきてくださった。
で、それから先の道はぼやけていて、
きっとあるのは解っているのだけれど、ぼんやりしていた。
で、その後、道がハッキリとして進んでいくと、
そこは未来の場面で、浜辺に着いたのだったけれど‥

でも、昨夜、夢で見た道にはもう壁泉はなく、
とにかく、真っ直ぐにどこまでも続いていた。
そして私は思っているのだ。
両側に広がる心地よい草原は、昔は左側が火の山で、
右側はうねりの激しい大河だったのに‥ と。
でも、今は本当に心地のよい日向の草原と、木々の木陰と、
清らかな流水がチロチロと流れていて、
まるで、エデンの園。

心から癒される感じがして、嬉しくて‥
そう思っていたら、目が覚めた。

目が覚めてからも、その幸福感がずーっと続いて、
この世の全存在に心から自然に感謝して微笑んでいて、ふと気付くと、
私はその気持ちを声に出しながら涙していた。

すると目覚まし時計がピピピッと鳴り、
スーッと現実に戻って、音を止めて、深く深く深呼吸をした。

なんだかこれって‥ 自己ヒプノみたいな感じ。
(*^^*)

昨日の日記の『二河白道』の対岸に着いたかどうかは解らないけれど、
でも、火の河も水の河も雲散霧消。

もしかしたら‥
寝る前にした自己流のクリスタル・ヒーリングと、
レイキのお陰かもしれない。
まず、手に入れたヒマラヤ水晶を胸に当てて深呼吸をし、
胸のチャクラが安定する実感を得てから、グランディング。
そしてレイキを、結局40分くらいかけてしたのだ。

『二河』
結局、私が創り出したものならば、
消すのも‥ 私だ。
そして、5月のはじめに、すでに見ていたのはきっと『白道』
背後のブラックホールは閉じたのに、
まだまだ不安の強い私は、今度は両側に『何か』を作り出していたのかもしれない。
そしてつい最近になって『二河白道』を知ったのも、きっと天のお導き。
そして、タロットにもヒントを得て、
知識としての『二河白道』が自己と繋がることができたのも、
天のお導き。
そして、夢の中でではあるけれど、
自分で創り出した『二河』に象徴されるものを消すことができた。
これは、確実に天からのギフトだ。

私の課題は『客観性』
すぐに感情に巻き込まれてしまって混乱しやすい私だけれど、
ん。
グランディングと『白い道』って‥
どこか共通しているのかもしれない。

どんなときにも、この『白い道』を歩めるように‥
そんな気持ちで‥ p(^^)qガンバ!!だ。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

*ミュゼ*

Author:*ミュゼ*
 レイキに出会ってから、私の世界が変わりました。これからの精神世界の旅を綴っていきたいと思います。
 この画像は
フランシン・ハート さんのオラクルカードです。
  ■管理ページ■

カテゴリー
リンク
参加しているコミュニティー

にほんブログ村 トラコミュ 精神世界 スピリチュアルへ
スピリチュアル
にほんブログ村 トラコミュ 魔法、神秘、神秘思想、カバラ、密教、秘儀へ
神秘思想、カバラ
にほんブログ村 トラコミュ タロットカードにまつわるおはなしへ
タロットにまつわる話
にほんブログ村 トラコミュ タロット占いへ
タロット占い

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BBS

各記事に関係しない事のみ、
こちらをお使いくださいネ♪
宣伝広告等は削除いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。